(株)山京不動産 「誰でも競売物件を購入できる?」
山京不動産:競売代行サービス 「競売物件とは」TEL 0868−22−1788
HOME   田舎物件:建物    田舎物件:土地   賃貸  岡山おやくだち情報

個人で競売物件を購入 するメリット・デメリット

競売に出された不動産に入札・落札するのに特別な資格はいりません。誰でも競売物件の購入は可能です。
従来は競売物件を落札・購入するのは不動産会社がほとんどでした。しかし、近年は競売物件の取得に一般の人々も注目しだしているようです。
なぜなら、不動産会社は落札した物件の価格に会社の経費や利益を上乗せし、リフォームをしたならその費用も価格に上乗せして販売します。不動産会社を介さずに個人で競売物件を購入すれば、核安価格で不動産を取得出来るからです。


【メリット】

●競売物件は、一般に不動産会社などが販売している不動産相場と比較して、3割〜5割ほど安く買うことが出来ることも珍しくなく、かなりお得に不動産を購入する事が出来ます。元の持ち主の事情で、非常に優良な物件が思わぬ格安価格(最低売却価格)で出ていることもあります。予想外のお宝を入手できることも珍しいことではありません。

●裁判所が管理しているので安心して取引が出来ます。契約自体は裁判所と行いますから、これほど安心できる売買の取引相手は無いでしょう。

●一般の不動産に良くある、仲介手数料などが発生しません。自分が落札した金額だけで購入できますので判り易くていいですね。

【デメリット】

●対象物件に所有者が住んでいる場合、個人での物件事前調査は困難です。特に屋内の状況などの確認は不可能に近いと言って過言ではないでしょう。
十分に事前調査が出来なかったために、物件購入後に予想外の不具合が見つかり、多大な補修費用が掛かろうとも誰にも文句は言えません。

●入札に参加しても必ず落札出来るとは限りません。
対象物件のあるエリアの不動産相場を知らなければ、ライバルより少ない金額で入札してしまったり、逆に必要以上に高額で入札してしまう可能性があります。
かといって、個人で相場を調べるのは大変な労力が必要となるりますし、時間も掛かります。

●落札して所有権を得ても、先住者が立ち退いてくれないことが有ります。
もちろん物件を落札して購入した者に権利が有りますので、先住者は不法に占有していることになります。
その場合には個人で立ち退き・明け渡しの法的手続きをとり、自分で占有者を排除するという面倒な対処をしなければなりません。


「競売代行サービス」は、個人での競売物件購入のメリットを活かしつつ、デメリットを緩和することができるサービスです。
個人で競売物件を購入するのと比較して余計な費用が必要ですが、デメリットはそのくらいで物件調査・入札金額の決定・諸々の手続き・不法占有者への対処など、面倒で時間の掛かることや経験が必要なことをすべて“代行”します。


「競売代行サービス」に戻る



〒708-0003 岡山県津山市北園町 楓ビル3F 株式会社 山京不動産
TEL 0868-22-1788    FAX 0868-22-9269     info@yamakyo-japan.com
Copyright(c) 1988 yamakyo. All Rights Reserved..